2020年05月09日

ヴァイオリン♪

ヴァイオリニストの横山令奈さんをネットで見ました。

イタリアのクレモナで
塔を背景に、夕陽を浴び

病院の屋上でヴァイオリンを弾く姿、音色に
自然と胸にこみ上げるものがあります。
涙腺弱い(T_T)

一時期は医療崩壊となったイタリア…。
横山さんとその映像を作った方たちの想いと祈りに

世界中で感動した!との声があがっているそうです。

とても美しい曲… 流れている音楽は何?
と気になり、調べたら
エンニオ・モリコーネさんの「ガブリエルのオーボエ」
でした。

エンニオ・モリコーネは映画音楽の巨匠で
あの「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽も
作られたそうです(*゚∀゚)
それ知って、めちゃ納得しました。
雰囲気が似てる♪通ずるものがある、と思いました(*^^*)


仁和寺の僧侶の「情熱大陸」
コレもネットで見たのですが

白い袈裟を風に なびかせ(ているように見えた)
お坊さんのヴァイオリン弾く姿が
神々しくて、胸を打つのです。


ヴァイオリンの音色は やはり好きだぁと
またCDを聴きました♪


この3枚は大好きなのです!

チャイコフスキー、メンデルスゾーン、シベリウス、ブルッフ
のヴァイオリン協奏曲2枚と

前橋汀子さんの1枚は、どの曲もカッコイイのです。
「チゴイネルワイゼン」は吉本新喜劇ファンなら
池乃めだかさん思い出し、チョッとクスリ(^^)となりますが

でも、素晴らしいのです♪

  

Posted by setsu_mom at 11:20音楽 · 映画

2020年05月01日

QUEEN+アダム♪





ブライアンのお顔が映ってないよ(^.^;

と、あれから(映画見てから)すっかりQUEENのファンですよ。

車でCDを聴き続け、一度クラシックに浮気して
また ここ数ヶ月はQUEENばかり聴いています。

なんでQUEENなんだろう…ま、いいか(*^^*)
聴きたいんだから、しょうがない。

フレディはもうこの世に居ないので
生QUEENを見ることは 不可能と思い込んでいたのに

アダム·ランバートをボーカルに迎え入れ
ブライアン·メイ ロジャー·テイラーとで
ライブ活動をしていると知り(*゚∀゚)
テンションあがりました。

いつか日本へ、大阪へ来てくれへんかなぁと
QUEENラブの友だちと話したその時

まさに来ていたんですよ!!!

QUEEN+アダムランバートが日本へ、大阪へ(*゚∀゚)

知ったところで、どうしようもない(T_T)でしたが。
今年、1月末の事でした。


また、くる?
来てくれるかなぁ。

チケットなんて取れるの?
ライブって、立ちっぱなし?

ブライアンとロジャーって、いったい何歳?
まだまだ音楽活動続けられるよね。

不安は多々あります(笑)

先ずは夫に
私が どれ程QUEENのライブに行きたいか

…折りあるごとに語り、布石を打っています(๑•̀ㅂ•́)و✧
行かせてちょうだい~

でも、来日いつか分かる?
チケット取れる?

と、不安は堂々巡り(笑)

話題は もとに戻して

スポーツ界や芸能界など
有名な方々のコロナの為の支援!広がっていますね(*゚∀゚)
  

Posted by setsu_mom at 10:33音楽 · 映画

2020年04月25日

このニャンコ

可愛いこの子は



マクゴナガル先生ですよ~。


と、変身術の このシーン
何回見ても笑っちゃう(*´艸`*)

ハリーポッターは「賢者の石」が1番好きです。

ハリーが、
意地悪なダーズリー家から出ることができ
そして、魔法使いの世界へ入ってゆく わくわく感(≧▽≦)

ハリーの目がキラキラしてるのです。

ハリーもロンも
ハーマイオニーも幼くて可愛いですね。


このニャンコは、
フィルチの飼ってる猫、ミセス·ノリスですね。

ご主人とは対照的^^;
お上品なお顔と振る舞いデス。

ハリーポッター全ての
吹替版を録画しています。

これまた、オチビに送るつもりです。

先日送った
ジュラシックパークとピカチュウの映画のCDも
大喜びしてくれたんで。

君らを“喜こばせたい” が、心の支えですわ(*^^*)

  

Posted by setsu_mom at 22:31音楽 · 映画

2020年02月16日

パラサイト。

映画「パラサイト 半地下の家族」を観てきました。

無駄のない展開で
一気に惹き込まれますね。

笑える場面
ひゃあーと竦んでしまう場面

張られた伏線は、小さなものも
ちゃんと心に留まり

観終わってから

そうかー、アレがねー、
と、余韻まで楽しめます。

そして考えさせられます。

お父さん役は、有名な方ですよね。
韓国映画で必ずと言っていいくらい見かける俳優さん♪

お金持ちの奥様役は
私は石田ゆり子さんに見えて仕方なかった(笑)

公開初日にも観たという娘は
もう一回観たいと言い、
私も観たぁい♪と、二人で行ってきました。
娘の奢りで~(*^^*)


アカデミー賞受賞後の
ポン・ジュノ監督のスピーチは素晴らしかったですね。

スコセッシ監督、タランティーノ監督
同様に今回ノミネートされた監督たちにも敬意をはらい、
「もしアカデミーが許してくれるのであれば、
 テキサスチェーンソーを借りてこの賞を5つに切り裂き
 みなさんとシェアしたいです」
なーんて(^^)コレは、ほんの一部ですけどね。

ポン・ジュノ監督の他の映画も観てみたくなりました。

  

Posted by setsu_mom at 18:35音楽 · 映画

2020年01月10日

ヴァイオリン協奏曲♪

クラシックを好きになった始まりは
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲デス♪

きっかけは映画「オーケストラ!」なんです。

この映画を夫は録画で4、5回観ており(個室で)

で、私も「あ♪この映画やん」と気づいて
途中から一緒に観るのですが
何故かいつも最後の部分だけ(~_~;)

ラスト、結構時間をかけたオーケストラの演奏シーンがありまして

もう感動(T_T)

毎回最後だけ観てよう泣けるな〜
と、呆れられつつ(笑)

でも、いいんですよ。この映画の演奏シーン。

お正月明けに やっと最初から観ましたが
難しい時代背景の重いテーマの中
結構笑うところたくさんあり(゚∀゚)

そして最後の感動にちゃんと繋がりましたよ。


こういう訳で
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のCDを買いました。

たくさんのヴァイオリニストがこの曲を演奏しているので
どなたにするか迷いましたが

「コレは誰々の演奏やね」
なんて聴き分けられる程の耳は持っていませんから^^;

映画の彼女に似ている(かどうかは?)
アナスタシアさんに決めまして♪


得意のエンドレスで数ヶ月間 聴いてました。

どうしても映画のシーンがフラッシュバックしますが
いいのです!大好きです!!

もうひとつの(カップリングというの?)
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲も
めちゃくちゃいいのですよ(≧▽≦)

第1楽章の冒頭は誰もが知るあのメロディです。
もう第2、第3楽章とも好き♪

ヴァイオリンの音色って何だか切ないです。

クラシック初心者ですが
他にもボチボチ聴いております。  

Posted by setsu_mom at 21:32音楽 · 映画

2019年11月05日

ニュー・シネマ・パラダイス♪

初めて観ました。やっと観ましたよ。


ああぁ、この音楽か(*^^*)って
耳にしたことのあるメロディで始まります♪

コレだけで泣けそう(笑)

「キネマの神様」を読んでから、観たいと思っていた映画
とっても良かったです。

ずっと余韻に浸っていたいです(^^)
  

Posted by setsu_mom at 10:35音楽 · 映画

2019年06月30日

エンドレスで♪

車の中では、今だにずっと聴いています♪


先週、WOWOWでQUEEN特集してたのを
録画しまして

ソレもぼちぼち観てるのです♪7時間程あるのだ。


「SOMEBODY TO LOVE」をお葬式の葬送曲にと決めてる!
というお話を聞かせてもらいました。QUEENファン歴40数年のお方から(*゚∀゚)

私も真似したい(*´∀`*)エンディングノート書こうかな(笑)

ファン歴6ヶ月の癖に^^;ですが


マイケル・ジャクソンに影響を与えたのではなかろうか
と(勝手に)思っている「ANOTHER ONE BITES THE DUST」
シャウト気味に歌うのが良いのです。

切なかったり途中でドンドン変化してゆく「BOHEMIAN RHAPSODY」も勿論。

中でも荘厳で美しいハーモニーの
「SOMEBODY TO LOVE」は本当に素晴らしいですね♪

でもどの曲も好きです。なのでいつまでも聴いてられるのです(笑)
  

Posted by setsu_mom at 19:35音楽 · 映画

2019年04月18日

やぁっと。

みてきました! 映画ボヘミアン・ラプソディ♪


今頃 (^^ゞ

本でも何でもブーム去ってから
見るのが好き。というわけじゃないのですが
だいたいそうなってますね(^_^;)

そんでもって映画館へ行くの10数年ぶり(゚∀゚)


10数年ぶりに行く気持ちにさせた映画ってナニ⁉ と(笑)

聞かれましたが
QUEENのファンだったわけでも無く(^^ゞ

ボヘミアン・ラプソディが公開された直後
QUEENのこと話題になり、よく放送されていて

フレディの事や親日家である事など知り
CDを買ってしまいました。

その後は毎日のように
エンドレスで聴き、すっかり魅せられました。

曲「ボヘミアン・ラプソディ」でのフレディの声が切なくて(T_T)


昔は当たり前のように行っていた映画館。
諸々の訳ありで、遠いものとなってしまっていたの(~_~;)


ボヘミアン・ラプソディの感動と
映画館へ行けた感動とで
涙、涙でしたのは言うまでもありません(笑)


ジストシネマでは
ボヘミアン・ラプソディは今日で上映終了だそうです。

まだの方はお急ぎを(^^)

  

Posted by setsu_mom at 15:06音楽 · 映画